簡単外国語メニュー制作で外国人観光客をどんどん集客しましょう!テンプレートでホームページを制作するなら大阪市と豊中市のメディアナビ!おすすめは安くてお洒落なテンプレートで制作するテンプレオーダー!確かなSEO対策も大好評!

ホームページの必要性

全ての業種で商用ホームページは必要でしょうか?

 商品の入れ替わりが激しい小売業等の場合、ホームページ制作のメリットはあまり無いと思われます。ホームページ更新の手間を考えれば、商品選びやサービス向上に力点を置いたほうが良いでしょう。

 飲食店の場合は絶対必要です。美味しい店であれば、お客さんは遠くからでも来てくれます。販売エリアを越えたニーズが必ずあります。口コミサイトとの併用も効果的です。店舗の地域名と料理名などのキーワードが重要になります。(梅田、カフェバー、店名等のキーワード)クーポンサイトも有効ですが、契約を継続するとは限りませんので、契約が切れた場合でも有効なお店独自のホームページも必要です。

 医療関係の場合は商用ホームページが必要です。無料病院情報サイトもありますが、古い情報がそのまま掲載されている場合が多いです。病院の場合は、ホームページ内に患者さん向けの情報と看護師などの求職情報も掲載出来ます。

 社会保険労務士、司法書士、会計士、税理士、弁理士、弁護士などの場合は商用ホームページが必要です。所属している弁護士会、税理士会、等のホームページも有りますが情報不足です。また他の専門職との差別化を商用ホームページで発信する事が大切です。

 保育園、幼稚園、社会福祉法人などの場合はホームページが必要です。保育園、幼稚園は今後統合される方向性で進みつつあります。各都道府県ともに待機児童が多いところは、子ども園(幼稚園が一部保育事業を兼ねる)を増やしつつありますが、将来的には民間参入が可能となり保育サービスの向上が、園児獲得のためのキーポイントとなります。ホームページはあったほうが良いという次元ではなく必ず必要です。

 美容室は商用ホームページが必要です。特にライバル店が多い市内の中心地などでは、潜在的顧客はまずホームページでそのお店の特徴や雰囲気・サービスを確認します。

以下ご参考にして下さい。

■商用ホームページが有効と思われるものは、
・そのお店だけにしか無い物、サービスを提供している
・通販を行っている場合
・店舗が郊外で立地の悪い条件の場合
・競合の多い業種で他社との差別化を図りたい場合
・利用者が多く、そのサービスに関する情報を求められている
・複雑なサービス、説明に多くの資料が必要なサービス

■商用ホームページに不向き思われるものは、
・限られたエリアでのみサービス提供または販売。
・既に取引先、顧客が決まっていて限定的、他への情報提供が不要
・安価で多種多様な商品を扱っていて、店舗販売の方が効率的
・提供するサービス自体変化が無くエリアも限定されている

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional